診療案内

一般的な歯科診療

虫歯や歯が欠けた箇所があれば、早めに治療しましょう。ぜひ、定期検診や歯磨き指導を受けてください。当院では患者さまに分かりやすいよう、治療前と治療後のお口の状態をカメラで撮影し、お見せしています。

もっと見る

患者さまに歯の状態や今後の治療内容をご納得いただけたら、治療を始めます。痛みを伴う処置をする際は、お子さまはもちろん、大人の患者さまにも表面麻酔を塗ってから麻酔注射をして、痛みの軽減に努めています。
当院では、80歳でご自身の歯を20本保つ「8020運動」を推進しています。年を重ねてもおいしく噛んでお食事できるお口を保つため、日頃のケアについてもお伝えします。

小児歯科

お子さまの治療をする際に心がけていることは、優しく接することはもちろん、ごまかしのない治療をすることです。注射をするときは「注射をするよ」、痛い可能性があれば「痛いかもしれないよ」と正直に伝えています。治療の様子は、親御さまも診察室に入ってご覧ください。

もっと見る

お子さまの歯を虫歯から守るためには、日頃の生活習慣も大切です。歯磨きや食べ物についてアドバイスしますので、お子さまと一緒にお聞きください。食べ物で気をつけなければならないのは、糖分を長くお口に残さないことです。特に、柔らかくて歯にくっつきやすいキャンディーにはご注意ください。歯を溶かす原因になる、酸を含んでいる飲み物についてもお伝えしています。

予防歯科

歯は一度悪くなってしまったら、元通りにはなりません。健康な歯を長く保つため、定期的に検診を受けましょう。当院では、歯磨き指導の際におすすめの歯ブラシや患者さまに合ったグッズを使い、実演してご説明しています。

もっと見る

セルフケアでは通常の歯磨きに加え、歯と歯の間のお掃除に一手間かけることをおすすめしています。そこで役立つのが歯間ブラシやフロスといったグッズであり、どちらがいいかは患者さまの歯並びによって違います。歯の隙間が大きければ歯間ブラシがいいでしょうし、隙間が狭ければフロスがいいでしょう。歯間ブラシにもさまざまなサイズがあります。患者さまに合ったものをご案内いたしますので、お気軽にご質問ください。

歯周病治療

歯周病は非常に身近な病気である一方、放っておくと最後には歯が抜けてしまうことがあります。歯茎が腫れてきた気がする、ケア時に歯茎から血が出るといったことがありましたら、なるべく早くご相談ください。

もっと見る

当院では、歯茎のケアに力を入れており、ほかの治療の際も歯石取りをして歯茎の状態改善に努めています。それでも歯周病が進行してしまい、骨や組織を失ってしまった場合は、再生療法をご検討ください。治療により、再生できる可能性があります。患者さまの状態によって治療方法が異なりますので、まずはしっかりと検査を行い、その上でご提案をさせていただきます。

矯正歯科

当院では、毎月1回、矯正を担当する歯科医師が来院し、治療を行っています。検査を含まない相談だけでしたら無料ですので、まだ矯正を迷っていらっしゃる患者さまや、お子さまの歯並びに不安をお持ちの親御さまも、お気軽においでください。

もっと見る

永久歯が生えそろっている患者さまでしたら、歯にワイヤーを取り付ける方法で矯正を行います。目立ちにくいタイプの装置もございますので、ご希望をお聞かせください。まだ乳歯が残ってる年頃までのお子さまでしたら、取り外し式の器具を使って顎を広げる方法がいいでしょう。歯が生える十分なスペースをお口に作ることで、永久歯がきれいな歯並びで生えてくるよう促します。
大きくお口を開けて笑える歯並びを目指しましょう。

美容診療

歯を削った箇所を補う被せ物・詰め物が、銀色であることが気になったり変色が目についたりしていませんか?自由診療として、ご自分の歯と見分けがつきにくい自然な被せ物・詰め物をご用意しています。

もっと見る

素材によって長持ち度合いや適した歯の位置などが異なりますので、まずはご相談ください。患者さまのお口の状態やご要望に合わせてご提案し、それぞれの特徴をご説明いたします。

インプラント

歯を失った患者さまが、本来の噛み心地に近い感触を得られるのが、インプラント治療です。人工の歯根を埋め込んで歯を作るもので、見た目も自然な歯のように仕上がるのが特徴です。

もっと見る

せっかく入れたインプラントを長く快適に使うためには、ご自分の歯と同様に治療後にメンテナンスを行う必要があります。ご希望の方にはインプラントのメリットとデメリットの両方を詳しくお話ししますので、まだ迷っている方はまずは説明だけでも聞きにお越しください。ご納得の上で治療を受けてもらえればと思います。

根管治療

歯の根の中にあり、神経や血管が通っているところを根管といいます。根管治療とは、その中にあるものが感染や炎症を起こした場合に、中をきれいにする治療です。

もっと見る

根管の中をきれいにした後は、また感染することがないよう、中に詰め物をしておきます。
感染や炎症が起きると、歯だけでなくリンパ節まで腫れてしまうことがあります。根管治療は、こうした症状を軽減する大切な治療です。